公式大会を意識して対人戦へ❝KP編❞

お疲れ様です。ソルです。
いやー暑いですね。体調はいかがでしょうか?
公式大会の日程はまだ出ていないようですが、U5N8でチーム作成をしている人や育成中の人、多いのではないでしょうか?
今日は「公式大会を意識して対人戦を行った結果」として~KP編~として感じたことを記載していきます。

~KP編~

●クロス重視は必須

これは書くまでもないかと思いますがクロス重視は必須です。
ですがクロス持ちの選手によって使用感が異なるため、起用する選手は重要。

クロッサーにどれだけ良パスを出せるか。これが一番重要だと思います。そこを考えるとラーム一択しかない模様。また両サイドで使えるのも人気の一つかと思います。

14-15SOCフィリップ・ラーム

こちら

 

●逆サイドアタックは通用する
ボールを持った味方が素早くロングパスを逆サイドに出すのが特徴の逆サイドアタック。
対人戦の相手も逆サイドアタック使用している人は7割以上はいました。(体感です)

やはり右攻めVS右攻めの展開が多くなるかと思います。自分がDF時に設定しておくだけで逆サイドに素早くパスを出し一気にチャンスを作れるので必須と判断しています。

デメリットはパスをもらう側の選手がテクニックがない選手だとボールをおさめた後にボールを奪われたり、使用感次第ではドリブルで上がってしまう選手がいたりと送り手と受け手側はランダムだという事。(大きく気にはなりませんが)

理想はサイドスルーパスを出す選手にボールが向かうのがいいですね。
仕様している選手は
WDM4カゼミロ
こちら
 16-17リシェドリー・バズール
も使用している人いましたね。
ボランチとしての数値も悪くないので新チームで使ってみようと思います。



●リベロディフェンスは効果なし?
今話題のリベロディフェンス。さっそくチームに入れてみました!
ネットの使用感などの情報を見ていると誰でもいいわけではなさそう。
12-13V2.0セルヒオラモス
レアKP持ちのこのラモスさんがどうも一押しの様です。
使用感は別の機会に書くとして、対人での感想はイマイチ。
ポジショニングや発動タイミングなど対策を行うところはいろいろとありそうですが、S級戦よりもいいタイミングで上がってこなかった印象。まぁレベルもまだまだなのでこれからに期待か?という感じです。
●アーリークロス重視は・・・
クロス重視はメインですが、それだけでは勝ち抜くことができません。
なのでリズムを変えたり、相手選手を困惑させる戦術が必要になります。
そこで考えたのがアーリークロス。
キラ枠を割く必要もないのですが、発動させる為のフォーメーションが重要になりますよね。
FWがワントップじゃ厳しかったり、奪取能力とDF能力を備えた選手がいません。
アーリーを上げる時も対人の場合はしっかりとマークされるので
アーリーを上げにくい
アーリーを上げても決まるチャンスは絶対ではない
(割と高確率ではありますが)
なので全体のフォーメーションやチームバランスを考えるとワンチャンのリスクを背負ってまで入れるに値するのか?
今ここで立ち止まっています。
まぁもちろん使えるKPであるとは考えています。
●プルバックに注目!?
上記で説明したように、もしアーリークロスを外した場合サブKPをどうするか?
そこで浮上したのがプルバックです。

友人が言うには「ハマる」との事。

確かに高速クロスが入ればめちゃくちゃありがたい。
プルバック持ちの選手層も悪くない。
問題はその使用感
サイドエリア深くまでボールを運び、そこからのマイナスクロスが普通ですよね。
連携が繋がればベイルを左サイドで使用しても左足クロスで高速クロスをあげるようになるとのこと。
あとはプルバックKP持ちの選手のみしか対応してないのか、それ以外の選手も対応するのか?
今まで使用したことがないKPなので情報が少ないですが、これがハマれば対人で通用することは間違いなし。
大会までまだ時間があるのでもっともっと研究してみようと思います。
それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です