16-17で使える“オフェンスKP”レポート③

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/06/18)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。

以前16-17が稼働してすぐ16-17で使える”オフェンスKP”レポートとしてオフェンスKPについて2つ記事を書きました。あれからいろいろと試行錯誤してみてだいぶ固まってきたので、今回ご紹介できればと思います。

16-17で使える”オフェンスKP”レポート①→リンク
16-17で使える”オフェンスKP”レポート②→リンク

まずこちらの記事で書いた時は1トップでの片攻めの時代が終わったと思っていました。

が違いました、終わったのは1つのKPをずっと発動させる時代が終わったんだと今思います。

今までは基本クロス重視でクロス上げそうな時にハイタワーやフィニッシュワークに変更する程度でした。

また試合展開しだいで両クロスを上げるかを考えクリロナ、ベイル、メッシといった両クロスあげれるチーム作成をしていました。(もちろんこれは今でも大事だとは思います)
今はクロッサーにどのようなパスを出すか。これが大事だと思います。
なのでぶっちゃけクロッサーは使用感がよければ白でも問題ないと思います。(POとSPも大事)もちろんクロッサーまでのパス回しも大事です。
ただ良パスをクロッサーに出しても相手DFがマークしていればなかなか得点に結びつきません。

相手のフォメをどうやって崩すし、クロスを上げ得点するか。

あとは得点する上で大事なのはフィニッシャーのヘディング適正。
~そこで考えたオフェンス時の戦い方~相手がボールを持って攻めている時 
→逆サイドアタック(ロングパス重視)自分がクロスを上げたいサイド側にボールが行った時 
→クロス重視、ムービングパスワーク、アーリークロス

MF、DFの受け手の位置や受け手の状況で使い方を変えます。

まだ対人はしてませんがイメージでは通用すると思っています。

逆サイドアタック、クロス重視、ムービングパスワーク、アーリークロス全てのKPをチームに入れU-5で作成して育成しております。

個人的にはロングパスよりも逆サイドの方が使いやすい印象があります。

アーリーの時代が終わったという人もいるようですが、その判断はまだ早いかなと感じます。
ワンチャン使うのが理想だと思うのでもう少し検討

まだチーム自体も育成段階なのでもう少し詰めたらまたブログでご紹介したいと思います。

あと協会に入っていない方がいましたら『SMS』へ参加もお願いします。
http://www.solsol.site/archives/16336807.htmlそれではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です