16-17で使える“オフェンスKP”レポート②

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/01/31)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。

今日プレイして気が付いた点を1つ
カードの配置をカード裏面に記載されている通りに配置したほうが良いのでは?

これはあくまで私の見解なので正解ではありません

今までベイルを左WG,クリロナをCFとして使っていましたが、従来のやり方では勝てないので、
クリロナのポジションを(左ST)やCF、ベイルのポジションを(右ST)として使用したらかなり良かったんですよね。ベイルがドリブラー++になっているのもあるかもしれませんが、対人戦で通用しました。

試行錯誤している段階なので絶対ではありませんが、みなさんも言っている通りドリブルが得意な選手がトップ下やSTとして活躍できるようです。例えばジダンも使用感あがっているようですし、今までベイルやメッシの使い方を左利きだから左WGで使用していた人は多いと思いますが、私は今回からSTとして使用したほうがいいような気がします。

でも、へなちょこなシュートしたり、止められたりするシーンは増えたのでSTやトップ下で必要な選手の能力は
●ドリブルが上手い
●ボールキープができる
●ミドルシュートも得意

この辺が必要ではないかと思います。

前回に引き続き
16-17で使えるKPまとめ~オフェンス②~編としてご紹介したいと思います。●ラインブレイク 

総評:使える

特徴:

キープレイヤーが相手ディフェンスラインと駆け引きをし、ライン裏のスペースへ抜け出そうとチャレンジします。その動きにあわせて、味方はパスを狙います。(16-17)


使用感:
やはり中央攻めで考えた場合、裏への飛び出し方がスルーパス派とラインブレイク派で意見が分かれているようです。個人的にはスルーパスも良かったのですが、パス出す前に立ち止まる、なかなかパスが通らないという場面が多かったですね。その面、ラインブレイクだとその選手の動きを見てパスを出す場面が多く、決定的な場面は多いです。もちろんカード配置で変わるので、まだ絶対ではないかと思います。ですがラインブレイクを押している人が多いようですのでテンプレ化も期待できるのではないかと思います。

検証中KP

●ワンタッチパス重視
特徴:
チーム全体で、ワンタッチパスを意識しながら攻撃を展開するチームスタイルです。ワンタッチパスが多くなるので、全体的にスピーディな攻撃になるのが特徴です。(16-17)

 ●ムービングパスワーク
特徴:
ボールを受けにくる動き、スペースをつくる動きなどが活発になるチームスタイルです。パスでボールを動かしながら、味方同士で連動した動きが特徴です。(16-17)

使用感: 

個人的には使えるようになってほしいKPですが、まだ波があるように感じました。Twitterなどではこの2つのKPがいいと言っている人もいますが、個人的にはしっくりきていません。中盤から前線まではスムーズにパスが通り楽しいです。得点にも繋がるので使用感は使えるようにはなっているかなとも思います。ただこの二つが正解なのかと判断するには、まだ時間が必要かと思います。

あくまで自分のゴールは対人戦でも通用するか?というところなので・・・

また使えると判断できたらご報告したいと思います。

それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です