sol のすべての投稿

プルバック重視を使いこなす”3つのコツ”

お疲れ様です。ソルです。
やっと公式大会の情報が公開され、店舗予選大会のエントリーが始まりましたね!そちらの内容については言いたいことたくさんあるので(愚痴)別のブログを書きたいと思いますww

はい、それでは今回プルバック重視についてご紹介します
実はこのプルバック重視、かなり使えると判断して1軍ラームのクロス重視を捨て16-17プルバック持ちのラームに変更したくらいです。それはなぜか?「プルバック重視を使いこなす3つのコツ」ご紹介したいと思います。

続きを読む プルバック重視を使いこなす”3つのコツ”

公式大会を意識して対人戦へ❝KP編❞

お疲れ様です。ソルです。
いやー暑いですね。体調はいかがでしょうか?
公式大会の日程はまだ出ていないようですが、U5N8でチーム作成をしている人や育成中の人、多いのではないでしょうか?
今日は「公式大会を意識して対人戦を行った結果」として~KP編~として感じたことを記載していきます。

続きを読む 公式大会を意識して対人戦へ❝KP編❞

❝new8候補❞GKシレッセンを50試合使った結果

お疲れ様です。ソルです。
今日は白GK ヤスパー・シレッセンの使用感を書きたいと思います。

シレッセンと言えば「PKを26本決められ続けた男」として話題ですよね。
16-17ver2.0で排出され、総合値81という事で気になってた1枚です。
U-5new8で使えるのか。検討していきたいと思います。

続きを読む ❝new8候補❞GKシレッセンを50試合使った結果

“U-5アルゼンチン縛り”ディバラ使用感

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/05/12)に書いたものです。

お疲れ様です。いやーかなり久々の投稿になってしまいました。すいません。
もっとブログ更新の頻度あげるようにまた頑張りたいと思います。
これからもご愛読よろしくお願いします。

今回はパウロ・ディバラの使用感を書きたいと思います。 続きを読む “U-5アルゼンチン縛り”ディバラ使用感

“U-5アルゼンチン縛り”メッシ使用感

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/05/14)に書いたものです。

お疲れ様です、ソルです。

引き続き“U-5アルゼンチン縛り”で使用した選手を更新したいと思います。

 今回は金髪になったリオネル・メッシの使用感を書きたいと思います。 続きを読む “U-5アルゼンチン縛り”メッシ使用感

“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す②

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/02/15)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。

2/17(金)-3/26(日) 「WCCFカードプレゼントキャンペーン第1弾」が発表されましたね。
これは蹴るしかないですねー(一応、カード情報を・・・)

HOLE ロナウド(コリンチャンス)
FW – – – – – – – HERO DE FINAL

EXTRA ロン=ロベルト・ツィーラー
GK 7 18 11 18 13 11 78 組織守備重視

EXTRA フェルナンド
MF 11 17 14 16 14 17 89 ショートパス重視

EXTRA アドリアン・ラモス
FW 17 5 15 17 17 14 85 ラインブレイク

EXTRA ジョナサン・ビアビアニー
FW 16 7 14 14 18 14 83 コンビネーションプレイ

EXTRA オマル・エル・カドゥリ
MF 15 9 16 15 16 14 85 シャドーストライク

前回“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す①で選手の適正ポジションについて少しだけ書きました。

今回は“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す②
ということで前回の続きをwikiの情報から考えたいと思います。~wikiの情報~

選手の適性を知るには、実際にその選手がそのポジションでプレイしていたかどうか、カード裏のプレイエリアなどからヒントが読み取れます。さらに今作では、秘書を通じて、コーチから選手の適性ポジションに関する報告があります。


すべてのポジションを教えてくれるわけではありませんが、どの程度適性を持っているか、それを知るには十分な情報を与えてくれるでしょう。注意したいのは、WB、SW、SSの各ポジションです。


これらのポジションは配置するだけではなく、他にも条件を満たさないと対象とはなりません。
逆に、意図せず条件を満たしてしまい、適性外のポジション扱いになってしまう可能性もあります。


・4CBだとSBがいない扱いなので、SHのつもりで配置した選手がWB扱いになってしまった
カードを上下に大きくずらしてCBを配置したので、最後方のCBがSW扱いになってしまった

前回のブログにも記載していますが、ポイントは選手の適正ポジション
バージョンによってカード裏面の濃ゆさが違う選手はかなりいるので、チーム構成時にはそこも気にする必要がありそうですね。

また今回は秘書からの報告があるそう(私はまだ体験してません)

そしてもう一つ重要なのは、過度なカードの動かしは禁物ということですね。
wccfでカードを動かすことは試合を大きく左右する為、かなり大事ですよね。

グラトロでもたまにいますが守備を固めるためにDFのカードの枚数が5枚、6枚と増えていることがあります。デタラメにカードを動かすとCBがSWになったりWBの認識になってしまい、その選手のパフォーマンスが落ちることがありますよってことですかね。

結論としては、カード裏面を見る癖がなくなってたので、きちんとチームを作るときは裏面も見ましょう。

それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す①

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/02/13)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。

16-17をプレイしていて、適正ポジションが大事になっているということは、皆さんもお気づきになっているのではないでしょうか。

前回までは前線での奪取が上手い選手やクロス精度がある選手が必要だった為、SBの選手を前線で起用していた監督が多かったと思います。
確かに普通に考えればDFの選手が試合中にオーバーラップすることがあっても、初めからポジションが前線に配置するという事はおかしな話ですよね。

それすらも違和感なくラームやアウベスを使って楽しめたのはwccfらしさがあったからなのかもしれません(笑)

そこで今回は“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す
こちらをテーマにwikiの情報から考えたいと思います。

~wikiの情報~

それぞれの選手カードには適性ポジションが備わっていて、配置する場所によって適性か否かでパフォーマンスが異なってきます。
適性を持たないポジションに配置すると、持っている適性と配置されたポジションの組み合わせによって、不調や絶不調と同程度のパフォーマンスしか発揮できなくなります。適性を判断するエリアは、WCCFでは12のポジションに分類しています。
また、選手が持っている適性は1つとは限りません。
選手がもっとも輝くのは適性を持ったポジションでプレイさせることなので、フォーメーションを組む際には必ずそこを考慮しましょう。

カード裏面の色が濃ゆい場所に配置すれば問題なくプレイでき、色が表示されてない場所に配置するとパフォーマンスが極端に落ちてしまうようですね。
なので今までのようにメッシが左利きだからという理由で左WG扱いをしていてはダメですよってことで、ラームなどのSBの選手も同じで、前線に色が濃ゆく表示してあれば問題ないが、SBの選手の適正ポジション次第になりますってことですね。

また詳しい内容については
“適性ポジション”で能力を最大限に引き出す②で更新したいと思います。

それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

16-17で使える“サポートKP”レポート①

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/02/05)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。
最近思うのは、今日の釣り結果や配列情報はいいから、少しでも使用感の情報が欲しいです。
人気高騰中のカードや、おススメKPなど・・・

~注意点とお知らせ~
私だけが感じた使用感ではなく、他の方の声や実際感じたことなどをまとめて記載しております。
もちろん新バージョンが始まってまだみなさんも模索段階だと思うので「へぇー」くらいの温度感で見ていただけると幸いです。

もちろん私も正解がわからないのでTwitterやブログで教えていただけると嬉しいです。
私のゴールは次回の大会(U-5)での戦いをゴールにしているので、対人戦の使用感が一番嬉しいです。

ってことで
前回からご紹介している16-17で使える“KPまとめ”のサポート編でございます。

●ダイナモ
総評:使える

特徴:
キープレイヤーがその豊富な運動量を活かし、広い守備範囲でチームの守りに貢献します。そのため、味方選手たちの体力的負担を軽減できるのも特徴です。(16-17)

使用感:
ダイナモは今回必要不可欠と考えて良いかと思います。オフェンス、ディフェンスのKPの組み合わせ次第でスタミナの消費が激しいです。(例:プレスディフェンス)
また、今バージョンから味方選手たちの体力的負担を軽減されてる感がけっこうあるのではないでしょうか。CPUが強くなっている事や、戦い方の幅が増えたことでPK戦になるケースも増えてくると考えられます。PK戦ではスタミナの消費具合で確率が変動しますよね。なのでダイナモは入れておいて損はないし、むしろ必要だと思いますよ。

●ラインコントロール
総評:普通
特徴:

守備時になると、キープレイヤーを中心にDFラインが揃うようになります。カードの配置に影響を受けず、最終ラインをキープレイヤーの高さになるのが特徴です。(16-17)
使用感:
正直、まだ恩恵がわからないです。若干オフサイドを取りやすくなっているような。守備時にはサイドバックの選手が上がらないで近くにいるような。使ってて損はないのかなとは感じますが、まだ絶対に使えると思うには早いようです。

●フォアザチーム
総評:普通

特徴:
キープレイヤーの献身的な姿勢によって、チームスタイル発動中はチーム士気が上がりやすくなります。また、チーム全体の連携が少し上がるのも特徴です。(16-17)

使用感:

こちらもまだまだ絶対使える!と判断するには早そう。でも体感的には献身性はあがっているような(気がする)
またこれは前回から感じていたことですが、オフェンスの選手のフォアザチームとディフェンスの選手のフォアザチームの使用感が違う気がしている。オフェンス時とディフェンス時で同じフォアザチームでも切り替えたのがよいのかも引き続き検討したいと思います。

それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ

16-17で使える“ディフェンスKP”レポート①

ブログ以降に伴い過去記事をあげております。(2017/02/01)に書いたものです。

お疲れ様です。ソルです。

前回からご紹介している16-17で使える“KPまとめ”~ディフェンス①~編でございます。
何度かお知らせいしてますが、私だけが感じた使用感ではなく、他の方の声や実際感じたことなどをまとめて記載しております。
もちろん新バージョンが始まってまだみなさんも模索段階だと思うので「へぇー」くらいの温度感で見ていただけると幸いです。

もちろん私も正解がわからないのでTwitterやブログで教えていただけると嬉しいです。
私のゴールは次回の大会(U-5)での戦いをゴールにしているので、対人戦の使用感が一番嬉しいです。

●個人守備重視
総評:使える

特徴:
相手ボールホルダーに対し1人でアプローチをかけ、個人能力でボールを奪う守備を行います。ポジショニングで、周りの選手の影響を受けないのも利点です。(16-17)

使用感 :
これは皆さんもお気づきなのではないでしょうか。私も対人戦で使用しましたが、今のところ一番使える守備KPと判断しています。やはり抜群の安定感です。そして固いです。スタミナの減りも普通なのでガス欠にはなりにくいですね。前回のバージョンでも使いやすかったですが、個人的には今回は個人守備は必要不可欠なKPと思います。もちろん今バージョンはKPの組み合わせが広がったので、個人守備+〇〇の使い方も必要になるのではないかなと感じています。今のところは個人守備のみのKPでも普通に戦えてます。

●プレスディフェンス
総評:普通

特徴:
複数人でプレスをかけ、積極的なボール奪取を目的とした守備を行います。ボールを奪いに行く際に、選手個人の守備能力の高さがカギとなります。(16-17)

使用感:
これも皆さんお気づきだと思います。スタミナの消費が激しいですね。 サポートKPでダイナモと組み合わせると良いらしいですが、どっちにしろガス欠になりやすいので、プレスしてほしい場面だけプレスディフェンスにすると良いと思います。使用感は使えるです。ただ前と比べると弱点が出た(スタミナ面)ということですね。

 ●組織守備重視
総評:微妙

特徴:
守備時のポジショニングをコンパクトに保ち、相手ボールホルダーにはディレイをかけ守ります。守備で空いたスペースを、味方選手が埋めるのも特徴です。(16-17)

使用感:
たしかに前のバージョンに比べると使用感は上がり、選手の動きも違います。ただ稼働前に組織守備がくるのでは?と勝手に期待が大きかったが為に、その落ち度は早かった。(笑)
使用中は何も問題ないのですが、やはり個人守備と比べると軽いんです。ただPOYのブッフォンがレアKP(神の声)なので、使用感が悪いはずはないと思うんです。今考えられるのはデータ対戦では組織守備が強いかもしれません。それかバージョンアップで使用感が変化する可能性もあります。現状は残念ながら微妙です。。

他にもカバーリングやマンツーマン、リトリートなど気になるディフェンスKPはあるのですが、使用できていないので今回はこの辺で失礼します。

それではアスタ・ルエゴ(o・ω・)ノ